法人概要


ご挨拶

 このたび特定非営利法人 大分IT経営推進センターの理事長を仰せつかりました田村でございます。前任の阿知波前理事長の後を引き継ぎ、平成26年7月18日に就任いたしました。微力ではありますが全力で任務を全うする所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。 

 

 さて、当センターは平成20年10月「中小企業の適切な情報化投資の実行とITの効率的な利活用の促進をお手伝いすること」を目的に、その主旨に賛同いただいた多くの会員・賛助会員のご支援により発足した特定非営利法人で、今年で6年目を迎えます。 

 

  情報システムは今やあらゆる分野に浸透し、社会インフラとしての存在感は大きくなっており、産業分野では生産性を改善しうる有用な技術として戦略的な活用により事業領域を広げる重要なツールとなっています。また、ブロードバンドネットワークの普及、クラウドコンピューティング等のサービス利用等によりグローバル化が加速度を増しています。スマートフォンの普及率は今年度国内電子商取引(EC)市場で前年比約12%増加し12兆9000億円とまで推計されています。かかる事業環境に伴い、ITのユーザサイドにおいては、ソーシャルメディアの普及が社会の在り方に大きな影響を及ぼしつつあり、あらゆるモノがインターネットを介して繋がるIoT(Internet of Things)の時代がまさに到来しています。 

 

 このような時代環境にあって、地方の中小企業も事業活動を推進していく上で情報システムの有効活用が重要となっています。ある地方メーカーの経営者が「なぜ本社機能を都市部に移転しないのですか?」との問いに、「その必要性はありません」と答えています。その理由は、ITを営業・経営ツールとして有効に活用することで、敢えてコストの高い都市部に本社を移転するよりも、地方に本社・工場を構えることにより有能人財の確保・定着(雇用環境の享受)や適正な立地コストなど豊富な経営資源と連携させ業績向上に結び付けているとのことで、有効に活用している事例もあります。 

 

  企業の事業活動においては、情報技術を縦横に駆使し、社内情報の蓄積や共有化、新たな販路の開拓による売上増加、業務の効率化などにより生産性を上げ業績改善・向上に結び付けることが最終目的であります。 当センターにはITコーディネーターをはじめ中小企業診断士、税理士等ITと企業経営に十分な知見を有する方々が参加しております。 

 

 当センターとしましては、会員や賛助会員の皆様方と連携してIT化の支援事業、人材育成、情報提供、相談事業等に取り組み、大分県内の中小企業が適切な情報化投資を行い、ITの利活用を促進し、大分県から多くの元気な中小企業が育っていくことを心より願い、地域経済の一層の発展に寄与すべく活動を推進していきます。引き続き皆様方のご理解とご協力をお願いいたしますと共に、皆様方の事業の益々のご発展を祈念申し上げます。 

特定非営利活動法人 大分IT経営推進センター

理事長 黒木 達夫

法人名

特定非営利活動法人 大分IT経営推進センター

Oita IT Management Promotion Center

 役員

理 事 長 黒木達夫

副理事長 大隈義弘

副理事長 梶屋博史

副理事長 田邉祐治

理 事  阿部芳久

理 事  本谷るり

理 事  甲斐幸丈

理 事  是永逸郎

監 事  蔵前達郎 

所在地

〒870-0037

大分県大分市東春日町17番21号 ソフトパークセンタービル2F

TEL:097-560-1626 / FAX:097-560-2726

E-mail:office@oita-it.or.jp

設立

平成20年10月1日

会員構成
  • 正会員(専門家派遣などの支援事業に関わる会員)
    ITコーディネータをはじめ各種資格を保有する独立系コンサルタントおよび一般企業勤務者
  • 賛助会員(法人趣意に賛同し、活動を支援していただいている会員)
    株式会社 大分銀行
    大分ベンチャーキャピタル 株式会社
    株式会社 古城
    日建コンサルタント 株式会社
    株式会社 大分カード
    株式会社 オーイーシー
    ミヤシステム 株式会社
    株式会社 ソフトシェル
    株式会社 リフライ
    大分ケーブルテレコム 株式会社
    株式会社 九州デザイン
    山口産業 株式会社
    佐伯印刷 株式会社
    株式会社 アーネット
    株式会社 SCP.SOFT
    大分県信用組合
    大分リース株式会社
    情報開発研究所

詳しくは[メンバー(正会員・賛助会員・事務局)]のページへ