Excelマクロの活用で販売管理のアジャイル化と効率化を実現(㈱嶋屋)


支援者

相良史人

支援概要

製材部門の販売管理としてExcelを活用していたが、今回、製品伝票、納品書、請求書の作成機能について大分IT経営支援センターの支援により機能拡大。

併せて会計ソフト(弥生会計)への出力機能を作ることで、月次試算表や決算書作成の効率化を実現した。

会社概要

(実名を出したくない企業様は無記名でOK

会社名

株式会社嶋屋

住所

大分県中津市大字東浜1128番地

代表者

吉田 英二

業種

製材業、住宅建材販売業

創業年

昭和28

従業員数

 

資本金

1000万円

年間売上高

 

事業内容

 

・国産杉、桧の製材(主に建築材)

・住宅建材、住宅設備の販売

企業側のニーズ

 

現在利用しているExcelベースの販売管理を拡張子、製品伝票、納品書、請求書の作成が出来る機能を作りたい。併せて会計ソフト(弥生会計)へ顧客別の月別売上、売掛金を出力できる機能を作って欲しい。

支援内容

(ストーリー)

 

 

   現在の販売管理の仕様確認

   開発の方向性(なるべく自由度の高く安価に作れるシステムを希望)、開発したい機能を顧客からヒアリング。

   サンプル画面と開発仕様を記載した提案書を提示

企業の声

 

弊社の要望に沿ったシステムを提案して頂き大変満足している。

提案時にサンプルの画面も提示して頂いたので、内容が非常にわかりやすかった。高価なパッケージソフトを提案してくる会社が多いが、安価に効率化や帳票の電子化を進めることができ、ありがたい。

コーディネータ感想

 

 

Excelマクロにも詳しく、システム構築もスムーズに進めることが出来ました。今回の販売管理システムの他にも今後協力できることが出来ればと考えております。